×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産登記の手続き方法

不動産登記は、家やマンションを購入した際にその不動産の権利や状況を記録・公示するための登記簿という書類に不動産を登記させることを言います。不動産登記法に基づいて土地と建物を別々に登記する必要があります。不動産登記の手続き方法は、基本的に土地や建物の所有者が申請を行って不動産登記法により登記官と呼ばれる職の人が登記簿へ記録することで不動産登記の手続きが完了します。不動産登記はその不動産の権利や状況を公示するためのものですので、誰でもその不動産登記の証明書を請求することが可能です。不動産登記の登記事項証明書は、2つの証明に分かれており、不動産登記の全部事項証明書と、一部事項証明書にわかれています。不動産登記の申請方法や手続き方法は一般人には難しく、マンション購入時などは不動産登記は購入したデベロッパーから教えてもらえます。申請に関しては仲介人として入ってくれるため、不動産登記の費用が発生することになります。

不動産登記の申請費用とは

不動産登記の申請費用は、不動産登記の手続きを司法書士に頼む場合がほとんですので、不動産登記の申請費用は司法書士へ支払う不動産登記費用が発生します。これは土地や建物の大きさによっても違います。不動産登記の必要書類などは家屋や土地、マンション購入時に不動産会社が用意してくれるはずです。もしもらえなかった場合は不動産登記の必要書類をくださいとお願いすればもらうことができるでしょう。不動産登記を変更する必要が生じた場合、例えば不動産登記の名義変更や不動産登記の住所変更などが生じた場合は、同じように司法書士などに不動産登記を頼むことになるわけですので、以前行った司法書士へ連絡しましょう。不動産登記の名義変更が生じた場合、登記名義人の名前が変更した場合は登記名義人表示変更登記を行う必要があります。その他、不動産登記において登記名義人そのものが変更した場合については、不動産登記の原則として現状の公示という事柄がありますので、不動産登記の登記名義人変更ではなく不動産登記の移転登記をすることになります。

不動産登記のオンライン申請

不動産登記の申請手続きは、オンライン申請を行うことが出来るようになっています。不動産登記は法務省のオンライン申請システムというものがあります。この法務省のオンライン申請システムでは、不動産登記の申請や登記識別情報に関する証明請求、その失効の申し出を行うことができます。その他登記事項証明書を送ってもらう請求などもできますので、不動産登記のオンライン申請は非常に便利なシステムといえるでしょう。不動産登記をオンライン申請する場合は、不動産登記の申請書を登記申請書作成支援ソフトウェアを使用して記入する必要があります。この不動産登記の必要書類を作成してくれるソフトは、法務省のオンライン申請システムサイトからダウンロードすることが出来ますので利用するとよいでしょう。また、不動産登記の申請手続きをオンライン申請する場合は、それができる登記所が限られています。その登記所は法務省の不動産登記のオンライン申請サイトにて確認できます。また、法務省での不動産登記のオンライン申請は月曜日〜金曜日に、不動産登記の申請とその証明、失効と送付請求を行うことができます。不動産登記のオンライン申請をしたい場合は、法務省のオンライン申請サイトを確認すると良いでしょう。

Copyright © 2007 不動産登記法 手続きから費用まで